神奈川で注文住宅を建てる工務店13社デザイン住宅画廊
神奈川で注文住宅を建てる工務店13社デザイン住宅画廊 » 注文住宅を建てるための基礎知識 » 注文住宅の防犯対策

公開日: |最終更新日時:

注文住宅の防犯対策

注文住宅は考えるべき点が多々あります。その点が楽しさですが、軽視できないことの一つに防犯対策が挙げられます。どれだけ理想の環境を揃えても、防犯対策が疎かでは日常生活に安心をもたらすことはできません。そこで注文住宅で考えるべき防犯対策のポイントについて見てみるとしましょう。

狙われやすい家の特徴とは

人通りが少ない場所に建っている

大通りに面していると人通りが多いので不審者としても事を起こしにくいです。しかし、人通りの少ない場所に建っている家は人から見られにくいので侵入する側にとっては好都合となる場合が多いです。

周辺に街灯が少ない

周辺に街灯が少ない、つまりは薄暗い場所にある家もまた、侵入する側にとっては都合が良いです。明るい場所では誰に見られているか分かりませんが、暗ければ、見つかりにくいからです。

窓が開けやすい位置にある

外部から空けやすい位置に窓がある家は侵入する側としては好都合です。
わざわざ家屋に侵入することなく、窓を開けることができる、つまりは侵入しやすい家ということになります。

どう防犯対策をおこなうか

一般的に、侵入する側は侵入に時間がかかると侵入そのものを断念する可能性が高まります。そのため、防犯対策は如何に時間をかけさせるのかがポイントです。

【窓】

窓そのものを強化したり、あるいは窓に何らかの異変があった時に反応するアラームを取り付けるなどが効果的です。
また、二重ロックも効果があります。なぜなら、二重ロックであればすぐには破れません。他にも人が入れない窓、あるいは開けるためではなく、外部からの明かりを取り入れるためだけの窓の設置も有効です。

【ドア】

ドアから侵入されるケースもありますので決して軽視できない部分です。
ディンプルキーにするだけでもピッキングに時間がかかりますし、二重ロックやドアガードも効果的です。また、ドアの脇に防犯カメラを設置するのも良いでしょう。

【外構】

当然ですが、侵入者はどこから侵入するか分かりません。
侵入できると思われる場所から侵入しますので、外構もその対象となる可能性があります。
塀、庭、駐車スペースといった外構も例外ではありませんので人を察知しやすい外構にしたり、シャッター、あるいは足場になりそうな場所には室外機等を置くのも効果的です。また、庭は防犯砂利にして侵入者の足音を察知できるようにするのもよいでしょう。

その他にもできる防犯対策

センサーライトを設置する

動きを察知した際に動くセンサーライトも有効です。
侵入者心理として、基本的に「バレないように」との思いがあります。センサーライトが稼働するということは、何らかの動きがあったことを意味しますし、センサーライトが反応することで警戒し、侵入を断念するケースもあります。ただし、慣れている侵入者の場合、センサーライトだけでは動じないケースもありますので、センサーライトと他の対策を組み合わせた方がより良いでしょう。

防犯砂利を敷く

防犯砂利を敷くと、その防犯砂利の上を歩けば音がします。つまり、誰かに気付かれるリスクが高まります。特に周囲が静かになる時間帯であればあるほど、砂利の音は響きます。さらには防犯砂利を撤去することは難しい点や導入費用の安さなど、コスパの高い方法といえるでしょう。

二重鍵にする

二重鍵にするだけでも防犯対策となります。
先にもお伝えしましたが、侵入者は可能な限りすぐに侵入したいと考えています。なぜなら時間がかかれば気付かれるリスクが高まるからです。二重鍵を物音立てず、かつ短時間で開けるのは容易なことではありません。
侵入意欲を削ぐことで、侵入を防ぐことに繋がりますので二重鍵も効果的な防犯対策です。

ご近所付き合いも重要に

防犯設備ではありませんが、近所付き合いも防犯対策になります。
なぜなら、例えば留守の時でも近所の人が気にかけてくれることで防犯対策となります。誰もいない家だと思って侵入者が近付いたものの、隣家がしっかりと見てくれていれば、侵入者は侵入を断念することでしょう。
逆に周辺との近所付き合いが一切ない場合、留守にしている時に家が真っ暗になっていても誰も気に留めません。侵入者にとっては、侵入しやすい環境が整ってしまいます。この点からも、ご近所付き合いも重要な防犯対策の一環であることが分かるのではないでしょうか。

CP製品の導入も検討してみる要チェック

CP製品とは、防犯建物、部品の共通標章ラベルです。
いわば防犯に期待できる製品です。警察庁が防犯性能の高い建物部品を公表したことからCP製品と呼ばれるようになったもので、サッシ、鍵、ドア、シャッターなどに該当の製品があります。
ちなみにCP製品の認定合同会議には警察庁、国土交通省、経済産業省、日本サッシ協会、全国警備業協会、日本ロック工業、社団法人日本シャッター・ドア協会など様々な関係団体が名を連ねています。
CP製品は様々な試験により、合格することで名乗れるものです。つまり、実用性の高い防犯対策用品となりますのでこれらを採用するのも良いでしょう。

防犯対策で家と家族の安全を守ろう

どれだけ理想の注文住宅を建てても、防犯対策が疎かでは、侵入者を招き、被害を受ける可能性があります。それだけに、防犯対策は安心・安全の日常生活を支える大切な部分です。
防犯対策は間取りやデザインと比較すると、後回しになったり軽視されてしまいがちですが、資産を守るという点においては間取りやデザイン以上に大切な部分なので、決して軽視することなく、じっくりと考えましょう。
侵入者もどのような防犯対策がとられているのかを見ています。防犯対策がしっかりしたものであればあるほど、侵入者を遠ざけることになるので真剣に考えていきましょう。