神奈川で注文住宅を建てる工務店13社デザイン住宅画廊
神奈川で注文住宅を建てる工務店13社デザイン住宅画廊 » 注文住宅を建てるための基礎知識 » 注文住宅を建てる際、どの断熱材がよい?

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てる際、どの断熱材がよい?

注文住宅を建てる際、「断熱材が大事」ということを耳にすることが多いのではないでしょうか。断熱材の役割や種類を知って、断熱材にもこだわった快適な家づくりを実現していきましょう。

断熱材の役割

断熱材にはどのような役割があるのでしょうか。主に以下の3つの役割が挙げられます。

  • 温度を調整する
  • 壁の中の結露を発生しづらくする
  • 冷暖房エネルギーを抑える

温度を調整する

断熱材には、家の温度を調整する役割があります。断熱材にこだわっていないと、夏は暑く冬は寒い住宅になってしまいます。夏は屋外の熱気が室内に入ってきて冷房の効きが悪くなり、冬は家の中の暖かい空気が外に逃げていってしまうのです。

住宅の構造に適した断熱材や施工方法を選ぶことで、断熱材が室温を調整し、少しの冷暖房エネルギーで快適な温度を保つことができます。

壁の中の結露を発生しづらくする

断熱材の二つ目の役割は、壁の中の結露を発生しづらくすることです。断熱材の一種である「グラスウール」や、気密性を確保するための「防湿気密フィルム」を用いることで、結露の発生を防ぐことができます。

壁の中に結露が発生する原因は、家の中で温度差が生じることです。家の中の温度差は、断熱性が低いために生じます。

とくに「内部結露」には要注意。結露には表面にできる「表面結露」と壁の内部などにできる「内部結露」がありますが、内部結露は拭き取ることができない厄介なものです。

結露は住宅の構造材や外壁を腐らせてしまうことがあるため、住宅を長持ちさせるには断熱材にこだわることをオススメします。

冷暖房エネルギーを抑える

断熱材には、冷暖房エネルギーを抑えるという役割もあります。断熱材の種類や施工方法をしっかりと選ぶことで、エアコンやストーブの風量や運転時間を少なくして、使用する冷暖房エネルギー量を低減させることが可能です。

断熱材にこだわっていないと、真夏や真冬には室内の温度を10℃以上も上げたり下げたりしなければならないこともあるでしょう。この場合にかかる冷暖房エネルギーの消費量は、非常に大きくなります。

断熱材によりエアコンやストーブの稼働時間を減らすことができれば、冷暖房機器の寿命を長持ちさせることができて、一石二鳥です。

断熱材の種類と特徴

一口に「断熱材」といっても、さまざまな種類があります。大きく分けると、「発砲プラスチック系」「無機繊維系」「木質繊維系」の3種類です。それぞれ、具体的には以下のような断熱材が該当します。

<発砲プラスチック系>

  • ネオマフォーム
  • 硬質ウレタンフォーム
  • フェノールフォーム
  • ビーズ法ポリスチレンフォーム
  • 押出法ポリスチレンフォーム

<無機繊維系>

  • グラスウール
  • ロックウール

<木質繊維系>

  • セルロースファイバー

発砲プラスチック系断熱材は、プラスチック内のたくさんの細かい気泡にガスを閉じ込めることで、断熱効果を生み出す素材です。無機繊維系断熱材は、繊維状にされたガラスや岩の間に空気を閉じ込めることで、断熱性能を発揮します。木質繊維系断熱材は、繊維の間に空気を含んで断熱効果を高める仕組みの断熱材です。

以下に各断熱材の特徴を紹介します。

ネオマフォーム(発泡プラスチック系)

「ネオマフォーム」とは、フェノール樹脂でつくられた高性能の断熱材です。フェノール樹脂とは、熱硬化性樹脂の一種で、世界で初めて人工的に合成されたプラスチックのこと。熱に強く、熱で硬化する点が特徴的です。

ネオマフォームの気泡は100ミクロン未満と非常に小さいため、断熱性に優れています。熱伝導率は0.020W/(m・K)です。

硬質ウレタンフォーム(発泡プラスチック系)

硬質ウレタンフォームとは、ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えてつくられた断熱材のことです。発泡プラスチック系断熱材のなかでは断熱性が高い方で、吹きつけにより隙間なく施工できて気密性を高めやすい点が特徴的。ただし、耐火性が低く、可燃時に有毒な「シアン化水素」が発生することがあります。

フェノールフォーム(発泡プラスチック系)

フェノールフォームとは、フェノール樹脂に発泡剤などを加えてつくられた断熱材です。発泡プラスチック系のなかでは断熱性が高い方で、硬質ウレタンフォームとは異なり燃焼時に有毒なガスも発生させません。しかし、価格が高くシロアリなどの害虫被害に遭いやすいという特徴があります。

ビーズ法ポリスチレンフォーム(発泡プラスチック系)

ビーズ法ポリスチレンフォームとは、ポリスチレン樹脂製の発泡ビーズを用いてつくられた断熱材のこと。一般的に見かける「発泡スチロール」と同じ素材です。

水に強いため結露を防ぎやすく、安価で、加工しやすいという特徴があります。ただ、発泡プラスチック系断熱材のなかでは断熱性がやや低く、熱に弱くて燃えると大量のススが発生する点が短所です。

押出法ポリスチレンフォーム(発泡プラスチック系)

押出法ポリスチレンフォームは、ポリスチレン樹脂を押し出してつくられます。ビーズ法ポリスチレンフォームよりも気泡が小さく、コストも低い断熱材です。

加工しやすいため用途が幅広いですが、発泡プラスチック系断熱材のなかでは断熱性がやや低く、耐火性も低いという特徴があります。

グラスウール(無機繊維系)

グラスウールは、日本で最もよく使用されている断熱材です。ガラスを繊維状にしてつくられます。近年は新しい断熱材が登場していることから、グラスウールは断熱性が低いというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、グラスウールにもさまざまなグレードがあり、断熱性が高いものもあります。

グラスウールの主な利点は、以下のとおりです。

  • 採用実績が多い
  • 価格が安い
  • 経年劣化しにくい
  • 耐火性が高い
  • 防音性が高い
  • シロアリなどの害虫に強い
  • 地震などによる変形に強い

一方で、防湿性が低く、隙間なく施工するためには一定の技術を要するといった特徴もあります。

ロックウール(無機繊維系)

ロックウールは、玄武岩や製鉄時に出る副産物などを固めてつくられます。グラスウールよりも断熱性が高く湿気にも強いですが、コストは少し割高です。

耐火性・防音性が高く、シロアリなどの害虫に強いですが、ほかの断熱材と比較すると湿気に弱く、隙間なく施工するためには一定の技術が必要になります。

セルロースファイバー(木質繊維系)

セルロースファイバーは、古紙やおがくずとホウ酸などの添加物を用いてつくられています。自然素材が原料なので、身体や環境にやさしい断熱材です。添加物が、断熱材の耐火性・耐熱性・防虫性を高めています。吹きつけにより隙間なく施工できて、気密性を高めやすいという特徴があります。

セルロースファイバーのそのほかの利点は、以下のとおりです。

  • 無機繊維系より基本性能が高い
  • 調湿性が高い
  • 耐火性が高い
  • 防音性が高い
  • シロアリなどの害虫に強い

欠点としては、コストが高く、取り扱っている施工業者が少ないことが挙げられます。

断熱材を選ぶときに注意すること

断熱材を選ぶときに注意することを、断熱材の種類別に紹介します。

発砲プラスチック系断熱材

発砲プラスチック系断熱材は、通気層を設けて施工しなければならないため、しっかりと確認しましょう。とくに屋根裏に吹き付ける際に通気層を設けないと、冬場に結露が生じる原因となります。また、硬質ウレタンフォームは、厚みを均一にするためには一定の技術が必要です。

無機繊維系断熱材

無機繊維系断熱材は、室内側の壁においては防湿フィルムの正確性が確保されにくく、天井においては隙間ができやすいため、丁寧に施工してもらう必要があります。とくにグラスウールは、内部結露が発生すると湿気を吸ってしまうため、断熱性が低下します。そのため、防湿シートなどで湿気対策を行うことが大切です。

木質繊維系断熱材

木質繊維系断熱材の施工においては、通気層を設置して、専用のシートを貼り付けることが重要です。専用のシートを貼り付けないと断熱材が沈下して隙間ができやすくなります。木質繊維系断熱材を施工できる業者は多くないため、希望する場合には施工業者との相談が必要です。

快適な家にするには断熱材にこだわろう

断熱材には、さまざまな種類があります。それぞれの特徴に合わせた施工方法を選択することで、断熱材が果たす役割を活かすことができるでしょう。快適な家をつくるには、ぜひ断熱材にこだわってみてください。