神奈川で注文住宅を建てる工務店13社デザイン住宅画廊
神奈川で注文住宅を建てる工務店13社デザイン住宅画廊 » 神奈川の注文住宅の施工事例集 » ZEH住宅

公開日: |最終更新日時:

ZEH住宅

神奈川で注文住宅を建てようと検討している人の中には、近年注目を集めているZEH住宅を希望している人も多いのではないでしょうか。ここでは、ZEH住宅の特徴やメリット、施工事例や実際に住んでいる人の声などを紹介します。

そもそもZEHとは?

ZEH住宅とは、住まいの省エネ性と気密性、断熱性を向上させるとともに、太陽光発電システムを使って創エネを行うことで、年間のエネルギー収支がゼロ以下になる住まいを指します。つまり、毎日消費するエネルギーよりも、創り出すエネルギーのほうが多い住まいということです。

ZEHと一般住宅の違い

ZEHと一般住宅の違いとして、主に断熱性能、省エネ、創エネの3点が挙げられます。

断熱性能

ZEHと一般住宅の違いの一つ目は、断熱性能です。ZEH住宅には、屋根や外壁、窓などに断熱性の高い建築資材を用いることで断熱性能を高めているという特徴があります。また、断熱性能を上げると同時に、気密性や採光性を高め、室内の温度を一定に保つことができるよう工夫されています。エアコンや暖房器具を過度に使用する必要がありません。ZEH住宅なら、夏は涼しく冬は暖かい状態を維持できるため、一年中快適に過ごすことができるでしょう。

省エネ

ZEHと一般住宅の違いの二つ目は、省エネです。ZEH住宅での暮らしは、少ないエネルギーで快適に生活することを目指します。HEMS(ヘムス)というエネルギー管理システムを取り入れるケースが多いです。HEMSは、「ホームエネルギーマネジメントシステム」の略です。電気機器のエネルギー使用状況を見える化したり、使用エネルギー量をコントロールしたりして、効率よく省エネを実現できます。

そのほか、照明や、空調、給湯設備に省エネ効果の高い設備やシステムも導入できます。設計面では、窓のひさしを大きくして直射日光を遮ったり、24時間換気システムを用いて効率よく空気を入れ替えることで、住宅の省エネ性能をより高めることが可能です。

創エネ

ZEHと一般住宅の違いの三つ目は、創エネ。 ZEH住宅では、年間のエネルギー収支をゼロ以下にするために、エネルギーを創り出すシステムを導入する必要があるのです。 多くのケースでは、太陽光の発電システムを設置します。自然光が当たりやすい屋根に太陽光パネルを取り付けることで、自宅で発電が可能です。創り出したエネルギーは、日常生活に使うだけではなく、蓄電しておくこともできます。

また、省エネのためのHEMSを使うと、太陽光による発電量や蓄電池の状態も一元管理できるため、よりエネルギー効率のよい暮らしを送ることができるでしょう。 太陽光発電の設置費用は、徐々に下がってきていますので、快適な創エネ生活のためにぜひ検討してみてください。

ZEH住宅のメリット

住む人・地球環境・お財布に優しい

住まいで使うエネルギー量の収支がゼロ以下になるため地球環境に優しく、世代を超えて住みやすい環境を残せます。エネルギーの消費を抑えられるので省エネに繋がるだけでなく、ランニングコストの削減も可能です。蓄電池システムを導入すれば余った電力を溜めて置けるだけでなく、売ることもできます。

また、ZEH住宅は気密性や断熱性に優れており、結露の発生を抑えられます。

災害時でも安心できる

エコファームや太陽光発電システムを使って電気を創り出せるので、地震や台風といった災害時に停電が起きても普段通りお湯や電気を使用できます。災害時の停電は、復旧までにかなりの時間を要するケースが多いようです。そんな時でも普段の生活とほぼ変わらずエネルギーを使えるため、子どもも大人も安心して過ごすことができるでしょう。

補助金を利用すれば初期費用が抑えられる

地球環境が進んでいる昨今では政府もZEH住宅を推奨しており、補助金制度を設けることで積極的な普及促進を図っています。2020年時点、神奈川ではZEH住宅を新築する事業に対して、1戸あたり15万円~30万円を上限額とした補助金を支給しているようです。

省エネ設備や高い性能を有する設備の導入が必要なZEH住宅には、初期費用が高くなるというデメリットがありますが、補助金を受け取ることで負担を軽減できます

ZEH住宅に住む人の声

機能性に長けた住まいに

オール電化なのに、消費電力が3割程度削減できました。想像以上の気密性と断熱性です。窓のほとんどが気密性が高い開き戸なので、防犯性も高いと思います。

引用元:ヤマト住建公式HP(https://www.yamatojk.co.jp/user_voice/vol_47)

家計に優しいのが魅力です

太陽光の売電額が予想より良かったです。売電があるだけで家計に余力がでます。少なくとも電気代をすべて賄ったうえでプラスになっているので良かったと思っています。太陽光発電は、もともとZEHがなかったらつける気もなくて半信半疑でした。引っ越したのは冬でしたが、日照時間が少ないのに「こんなに!?」「これは夏期待だね!」と驚きました。

引用元:ヤマト住建公式HP(https://www.yamatojk.co.jp/user_voice/vol_46)

快適な空間を実現できた

断熱仕様にして良かったと一番感じるのは、お風呂に入るときです。前は寒くて入るのがしんどいと感じていましたが、今はそんなことないですね。それが大きいです。エアコンをつけていない部屋でも温度差がなく、「ヒンヤリするな」ぐらいで、「寒―い!」とか「暑―い!」などがありません。

引用元:ヤマト住建公式HP(https://www.yamatojk.co.jp/user_voice/vol_46)

ZEH住宅のデメリット

導入コストがかかる

断熱材や省エネ設備、太陽光発電システムなどを導入するためのコストがかかることがデメリットです。ZEH住宅の特徴は、断熱性能を高めて快適な居住空間を作り、省エネ・創エネのためのシステムを用いてエネルギー消費量をコントロールすることにあります。

快適性やエネルギー効率化を実現するには、高い性能の建築資材や住宅設備を使用しなければなりません。そのため、一般住宅と比較して、資材や設備の導入費用が高くなってしまいます。ただし、「ZEH住宅のメリット」に記載したとおり、補助金を使えば一定程度初期費用を下げることが可能です。

屋根の形状が選べない可能性がある

ZEH住宅の創エネを実現するために、屋根に太陽光パネルを設置することが一般的です。太陽光パネルを設置するので、屋根の形状を決める自由度は下がってしまいます。

太陽光パネルには、主に「屋根置き型」と「屋根一体型」があります。「屋根置き型」は屋根の上に取り付けた架台に太陽光パネルを設置する方法。「屋根一体型」は屋根材の中に発電装置を組み込んであるものです。方角や日射量、安全性を踏まえて、この2パターンから選択することになるため、屋根の外観やデザインを工夫することはできなくなります。

太陽に左右される

エネルギー創出量が太陽に左右されることもデメリットとして考えられます。ZEH住宅の特徴である創エネのためには、太陽光発電システムを導入することが一般的ですが、太陽という自然エネルギーを用いるため、当然、発電量を一定に保つことはできません。太陽の日照時間や日射量に影響されて日々変わります。特に、梅雨の時期や冬には、多くの発電量を見込むことはできません。

また、太陽光発電の設置費用が下がるにともなって、売電価格も下がってきていますので、多額の収入を得ることは難しいでしょう。

要望を叶えくれる神奈川の注文住宅会社とは

神奈川でZEH住宅を建てる際は、要望に合った設備や設計を実現してくれる会社を選ぶのがポイントです。特に、気密性や断熱性を高める設備は会社によって使用するものが異なるため、それぞれの特徴をしっかりと抑えてきましょう。

また、補助金を利用したいという人は、ZEHビルダーとして登録を受けた会社を選ばなければなりません。